相模原 整体 カイロ マッサージ 相模原ファミリー整体院 腰痛 肩こり 骨盤矯正

相模原 整体 相模原ファミリー整体院
相模原駅前 午前9:00~午後9:30 <火曜定休=土曜、日曜も営業中>

整形外科に通院しても治らない腰痛です。そちらで改善できますか…

  • 腰痛、肩こり、頭痛の原因は

    例えば、つらい肩こりで30代の女性が来院されたとします。

    「中高校生の頃から肩こりがひどくて…」と言い、頭痛も伴う肩こりだと訴えます。

    そうしたつらい肩こりの原因の多くは猫背や肩の丸まり、脊柱側湾などの不良姿勢です。

    背中が丸まり(または傾き)、首や肩、背中周りの筋肉が緊張して運動性が低下するとともに、これに随伴する血流も低下、当該部位の組織が酸化してコリなどの不快感を生じます。

    次いでは、頭頚部及び上肢帯に関連する関節の機能障害が多いです。

    一般の整体院、または、マッサージ店に行くと、「肩こりがひどいですね…」などと言いながら、首や背中の周りの筋肉をグイグイと揉み込んで、首や背中の筋肉をほぐしますが、そうしたほぐし施術、マッサージ施術では、その場しのぎにしかならず、肩こりの改善にはつながりません。

    また、ほぐしたり、マッサージをする度に次第に筋肉が硬化し、やがては肩こりが慢性化してしまいます。もみ返しは患部の炎症ですので、もみ返しの度に筋肉が硬くなっていくのです。

    腰痛でも同じことがいえます。

    例えば、40代の男性がつらい腰痛で来院されたとします。

    「20代の頃から腰痛で悩んでいます。整形外科で骨に異常がないといわれ薬をもらったが治らなくて、町田、相模原の整体、カイロはほとんど回ったが、筋肉が落ちて、腰が弱く疲れやすいのだそうで、どこに行っても治らない・・・」とおっしゃる。

    そうした長年のつらい腰痛の原因の多くも、猫背や不良姿勢です。

    例えば、猫背では、上体が前傾して、常に腰に負担が掛っているために、腰周りの筋肉が弱化して、腰痛が慢性化しています。

    猫背が原因の場合、いくら腰を揉んでも、こうした腰痛は治りません。そればかりか、腰部をほぐすと猫背が悪化し、腰痛がさらに悪化してしまいます。



    つらい腰痛の原因について

    腰痛とは、背中の中央部から下部にかけての痛みと定義されています。動けないほどの痛みから、何となくだるいとする違和感まで幅広く、全人口の80%が腰痛を経験するともいわれています。つらい腰痛の原因は概ね次の通りです。

    1、変形性脊椎症
    腰痛で整形外科を受診し、レントゲンで関節の隙間が狭くなっていることが確認されたときに医師から告げられることになる腰痛疾患です。いわゆる老化現象で、起床時の痛みが強く、動いているうちに腰痛が軽くなります。
    特徴は、急に動いたり、体を後ろに反らした時の痛みです。

    2、腰椎分離症
    腰椎が関節突起間部というところで分離する腰痛疾患です。子供の頃の過度なスポーツが原因とする説が有力です。男性に多く、10代の発症も多いです。治療で分離部が癒合すればほとんどがスポーツに復帰できます。

    3、腰椎椎間板ヘルニア
    加齢変化に伴い弱化した椎間板から内容物が脱出して(または椎間板自体が膨隆して)神経根を圧迫するために起こります。下肢の痛みや麻痺が生じます。20~40代に多い疾患です。10代及び50代の発症はともに10%程度です。
    英語が得意な医師と、ラテン語が特異な医師では病理が微妙に異なる特異な疾患です。

    4、腰椎すべり症
    腰椎分離症から進行したものを分離すべり症、分離が認められないものを無分離すべり症といいます。重症化したものが変性すべり症で、この変性すべり症により腰部脊柱間狭窄症が起こります。
    すべり症は、腰椎の土台である仙骨の前方傾斜によって起こります。

    5、腰部脊柱管狭窄症
    腰椎すべり症や脊柱手術後に生じた瘢痕組織の形成などが原因になります。脊柱管内が圧迫されるために症状が現れます。
    一定距離を歩くと痛みや痺れのために歩行不能になりますが、少し休むとまた歩けるという、間欠性の歩行障害が特徴です。50メートル以下の歩行、下肢の筋力低下、排尿排便障害で重篤です。

    6、内臓疾患由来の腰痛
    胃、膵臓、大腸などの消化器系、腎臓、尿管などの泌尿器系、月経周期、子宮筋腫などの婦人科系疾患が腰痛を伴う疾患として知られています。

    7、ガン転移による腰痛
    肺癌、乳癌、前立腺癌、子宮癌などが脊柱転移しやすいガンとして知られています。
    50歳以上で、ガンの治療歴があり、体重減少がみられる場合には検査をお勧めします。

    8、炎症性疾患による腰痛
    強直性脊椎炎(10代後半~20代の男性に多い)、慢性関節リウマチ、ステロイド副作用による腰痛など。

    9、ぎっくり腰
    ぎっくり腰の半数は関節障害、また、半数は筋肉のケガが原因になります。関節障害が原因であれば、すぐに改善できます。一方、ケガが原因であれば、損傷した筋肉の修復を待たなければいけませんので、改善までに2~5日を要します。ケガが原因のぎっくり腰を、誤って動かしたり、電気治療、マッサージを行ったりすると、2日で治るものが、一週間経っても治りませんので、注意が必要です。


    肩こりについて

    肩こりは、筋肉自体の炎症を原因とする場合、関節障害が永続的な筋緊張を発生させる場合、また、自律神経を介して二次的に筋肉の血行障害が引き起こされる場合とがあります。筋肉が緊張して硬化すると筋肉内を走行する血管が圧迫されて血流が低下します。

    筋肉の酸化と炎症反応が混在した状態が肩こりといえます。

    関節障害により、筋肉が本来の動きを失った場合にもこうした状態が加速されます。また、ストレスなどにより交感神経が刺激されると血管が収縮し筋肉への血行が障害されます。

    こうした肩周囲の筋緊張が続くと頚椎の動きを制限して、変形性頚椎症(頚部脊椎症、頚椎症)、ストレートネック、胸郭出口症候群、また、状態により五十肩を引き起こします。

    肩こりを引き起こす病気では、頚椎の加齢変化ともいえる変形性頚椎症があげられます。これは、椎間板が減って頚椎間が狭くなったために、圧力の分散などのために発生した骨棘が椎間板周辺の神経を刺激するために起こります。頚椎症による肩こりでは、首から肩にかけての肩こりが発生するほか、肩甲骨、また、腕にも痛みや痺れが広がります。時には指先にまで症状が広がります。 その他、内臓の病気等に由来する肩こりについて

    1、呼吸器疾患
    ・特に肺の先端に生じた腫瘍では、初期症状で呼吸器疾患を示さずに肩こりを示す場合があります。安静にしていても肩や背中、腕の痛みが続く場合には注意を要します。

    2、消化器疾患
    ・胆石症で右上腹部の痛みに加えて右肩甲骨から肩にかけての肩こりや痛みが生じることが知られています。 膵臓疾患では左に肩こりが生じることがあります。

    3、狭心症
    ・通常は、胸部の前面に痛みが出ますが、重苦しい肩こりや痛みが左腕の付け根から肩にかけて生じる場合があります。

    4、高血圧
    ・頭痛ほか、特に右の肩こりが強い場合。

    5、慢性関節リウマチ
    ・上部頚椎に障害が起こりやすく、後頭部の重苦しい痛み、腕のしびれ、肩こり感が、また、状態により歩行障害が出たりもします。

    6、更年期
    ・更年期では、女性ホルモンが低下するために筋肉の血行を調整する自律神経がうまく機能しなくなり、肩こりが起こりやすくなります。

    7、その他
    ・上記以外では、眼精疲労による肩こり、性格性による肩こり、うつ病による肩こりなどがあげられます。性格性の肩こりでは、睡眠障害や疲れやすさとともに肩こりを訴える方が多いです。うつ病の方が肩こりを訴える頻度は高いです。



    頭痛について

    当院では、緊張性頭痛、片頭痛、また、肩こりや首痛、頚椎障害に伴う絞厄性障害による頭痛(大耳介神経=側頭部痛、大後頭神経=後頭部痛を含む)など、つらい頭痛も専門施術で丁寧に改善いたします。

    頭痛に対する整体及びカイロプラクティックの改善度の高さには定評があります。 「頭痛薬を服用しても治らない」と、ご利用になる医師、看護師の方も多いです。

    慢性的な頭痛の多くは、病院で検査をしても異常が見つからないため、緊張型頭痛、片頭痛として扱われ、鎮痛薬や筋弛緩剤、ビタミン剤などを処方されますが、その鎮痛薬のために、さらに頭痛が複雑化する方が多くなります。

    長期にわたる薬の連用は、痛みの調節器官が失調してコントロールがきかなくなるため、痛みを感じる閾値が低下し様々な頭痛を誘発します。

    つまり、薬の連用では痛みの調節器官が失調し頭痛が起こりやすくなります。例えば、単純な緊張型頭痛がこじれて、頭痛の原因も複雑化してしまいます。

    食品添加物、アルコール、カフェインなど、直接血管に作用し頭痛を誘発する物質に過敏になるほか、ストレス、ホルモン、運動、気圧、気温、湿度といった環境因子にも反応し、頭痛が起こりやすくなります。


    頭痛で当院を訪れる方は、

    ・緊張性頭痛
    ・後頭部の頭痛及び頭重感(大後頭神経痛)
    ・側頭部の頭痛及び頭重感(大耳介神経痛)
    ・片頭痛
    ・顎関節性頭痛
    ・むち打ち後遺症による頭痛及び頭重感
    ・頚椎異常に伴う頭痛及び頭重感など

    当院では、整体、カイロプラクティックの両面から原因鑑別と施術が可能です。


    相模原整体・カイロプラクティック・マッサージ
    相模原ファミリー整体院(相模原駅前)

  • 最近のご利用状況


    腰痛
    急性腰痛(ぎっくり腰)、起床直後は腰が重くて靴下やズボンがはきにくい、長時間の立仕事に伴う腰痛、産後腰痛(仰向けで腰が痛む)、デスクワークなど長時間の座業に伴う腰痛、坐骨神経痛を伴う腰痛、腰椎椎間板へルニアによる腰痛、スポーツ時の腰痛(走る際に、また、腰を捻ると腰が痛むなど)、腰痛が10年-20年と続いていてどこに行っても「体質が原因―」「仕事が原因―」「老化現象―」などといわれて治らない、整形外科、接骨院、町田や相模原の整体やカイロプラクティックなどに通院しているが治らない原因不明の腰痛など


    肩こり
    PC作業やスマホ操作などに伴う疲労性の肩こり、頭痛や吐き気を伴うつらい肩こり、ストレートネックに伴う肩こり、眼精疲労を伴う肩こり、頚椎異常に伴う肩こり、家事や育児に伴う疲労性の肩こり、胸郭出口症候群による手のしびれを伴う肩こり、また、町田、相模原の整体、マッサージなどに通い続けても改善されない慢性的なつらい肩こりなど


    頭痛
    緊張性頭痛、頚椎機能障害及び不全に伴う頭痛、片頭痛、後頭部痛(大後頭神経痛を含む)、側頭部痛、頭痛薬(アスピリン、ロキソニンなど)を服用しても治らないつらい頭痛、ムチウチ後遺症に伴う頭痛、ストレートネックに伴う頭痛、顎関節性頭痛など


    首痛、背中の痛み
    肩こりに伴う首痛、ストレートネックによる首痛、頚椎障害に伴う首痛、頭頚部の運動制限を伴う首痛(上を向けない、うがいができないなど)、ムチウチ後遺症による首痛、頚椎椎間板ヘルニアに伴う首痛、肩甲骨周辺の痛み、整形外科で治らない原因不明の首痛、背中の痛みなど


    肩痛(五十肩を含む)
    肩が痛くて腕が動かない、後ろ手ができない、五十肩(または四十肩)と診断を受け治療を続けているが治らない方など


    手のしびれ
    頚椎歪み及び機能障害(変形性頚椎症、頚肩腕症候群、ストレートネックなど)に伴う手指のしびれ、神経障害及び循環障害に伴う手指のしびれ、胸郭出口症候群に伴う手指のしびれなど


    坐骨神経痛(座骨神経痛)
    臀部から足にかけての痛みやしびれ、また、病院等で坐骨神経痛と診断され通院しているが改善されない方など


    ぎっくり腰
    作業時やスポーツ時、起床時のぎっくり腰、また、整形外科及び相模原市内の整体院などに通院しても治らないぎっくり腰など


    股関節痛
    歩行障害を伴う股関節痛、動作時の股関節痛、出産後の股関節痛、スポーツ後の股関節痛、交通事故の後遺症による股関節痛など


    膝痛
    歩行時やスポーツ時などの膝痛、膝が痛くて正座ができないなど


    足関節痛
    捻挫しやすい(または捻挫が治りにくい方)、スポーツ選手のリスフラン及びショパール関節痛(ハイジャンプの選手、また、ボーリングプロ及び愛好家に多いです)など


    顎痛(顎関節症)
    食事など口の開閉時に顎関節がポキポキと鳴る、顎関節が痛くて口が開きにくい(口が開かない)、硬いもの食べる時に顎関節が痛む、病院で治らない顎関節痛など


    手指の違和感
    手指が曲げにくい、バネ指など


    右、左半身の痛みや痺れ
    右または左半身の痛み、右または左半身のしびれが続く方など


    骨盤矯正
    近くのマッサージ、接骨院などで「腰痛や肩こりなどの不調の原因は骨盤歪み―」と指摘されたので骨盤矯正をしたい方など


    妊娠中の腰痛、座骨神経痛、肩こり、首や背中の張りなど


    産後の骨盤矯正
    産後に腰痛や背部痛が続いている、産後にヒップサイズが大きくなり妊娠前のジーンズなどが入らないなど


    下肢痛
    脚が痛くて膝が曲げにくい(靴下がはけない)、脚が痛くて歩きづらい、脚の痛みやしびれが続く(特に起床時に痛む)など


    足のむくみ
    足がむくみやすい、足のしびれやむくみが治りにくい方など


    スポーツ整体
    スポーツ疲労及びスポーツ障害(腰痛、膝痛、野球肩、水泳肩、テニス肘、ムチウチ後遺症、捻挫癖など)、全身バランス調整、関節調整など


    猫背矯正
    常に首や肩がこっている、猫背で呼吸が浅く常に緊張している、結婚式のため、就職活動のために猫背を治したい方など


    X脚矯正、O脚矯正


    足の長さの違い
    歩行時にスカートが回る、原因不明の股関節痛や膝痛が続く、捻挫しやすい、ズボンの長さが左右で違う、左右の腹部のくびれの位置が違う、左右の肩の高さが違う、いつも同側の脚を上にして組んでしまう方など


    顔の歪み
    食事の際に舌先や唇の端を噛んでしまう、顔が痛い、エラの張りが気になる、顔が歪んでいるような気がする(いびつになった)、顔が大きくなったように感じる(小顔矯正のご要望)など


    耳鳴り
    関節異常、筋硬縮による機能障害に伴う耳鳴りや難聴など


    不眠


    便秘


    自律神経症状
    呼吸が浅い、手足に汗をかきやすいなど


    体の歪み(側湾を含む)
    肩の高さが違う、顔が傾いている、腹部くびれの位置が違う、学校の内科検診で医師に脊柱側湾といわれ整形外科にリハビリで通っているが治らない方など


    事故、手術後のリハビリ
    事故による後遺症及び術後の病院のリハビリが思うように進まないという方、事故や術後の回復が芳しくないという方など



    <ご利用地域>
    相模原市、町田市、川崎市、横浜市、座間市、八王子市、厚木市などの近隣に加え、東京都(都心部)、山梨県、埼玉県、千葉県、長野県、宮城県など

    <ご利用地区>
    近郊=相模原、橋本、矢部、淵野辺、古淵、成瀬、相原、八王子みなみ野、厚木、玉川学園前、鶴川、柿生、多摩境、南大沢、上溝、下溝、番田、原当麻、清新、宮下、相模原中央、光が丘、陽光台、二本松、津久井、城山、半原など

  • アクセス

    痛みのない安心の整体・カイロ
    JR相模原の整体 PM9:30まで

    相模原ファミリー整体院
    JR相模原駅前の整体院(南口)
    当ビル1階は「ハウスコム 相模原店」

    TEL 042-754-4852
    相模原市中央区相模原2丁目1-7
    桶口ビル4F
    AM9:00~PM9:30(火曜定休)

    ※土曜、日曜日も営業中です
    ※当日予約も可能です