相模原駅前の整体・カイロ 土日もPM9:30まで|相模原ファミリー整体院

相模原整体 カイロ 相模原ファミリー整体院(相模原駅前 夜9:30まで)
腰痛 肩こり 頭痛 坐骨神経痛 ぎっくり腰 骨盤矯正

腰痛について

  • 腰痛について

    腰痛について

    例えば、つらい腰痛で、30代の男性が来院されたとします―

    「20代から原因不明の腰痛が続いている。整形外科をはじめ、町田、相模原の整体、マッサージなどに通った。骨には異常はないが、筋肉が落ちて、腰が弱く疲れやすいのだそうで、どこに行っても治らない・・・」とおっしゃる。

    こうしたタイプの腰痛は、体の歪み、または不良姿勢が原因の場合が多く、上体が前傾または斜傾して、常に腰部に負担が掛っているために、腰周りの筋肉が緊張し腰痛が慢性化しています。

    こうした腰痛は、いくら腰を揉んでも、また、骨盤や腰椎を調整しても腰痛は改善されません。そればかりか、不用意に腰部をマッサージしたり、単に骨盤や腰椎を矯正したりすると、傾きが強化されて不良姿勢が悪化し、腰痛も悪化してしまいます。

    こうした腰痛では、体の歪み、不良姿勢を総合的に治すことで症状が改善されます。

    もちろん、その他ほかにも、筋肉性、椎間関節性、外傷性、姿勢性など腰痛の原因は多岐に亘ります。

    腰痛では、「なぜ腰が痛いのか」「なぜ腰が疲れやすいのか」「なぜ腰椎、骨盤が歪むのか」 と、痛みやこりの根本的な原因の改善が必要です。


    腰痛は、一般に、背中の中央から下部の痛みと定義されています。動けないほどの痛みから、何となくだるいとする違和感まで幅広く、全人口の80%が腰痛を経験するともいわれています。

    腰痛は「筋肉性腰痛」「椎間関節性腰痛」「椎間板性腰痛」「外傷性腰痛」「姿勢性腰痛」「心因性腰痛」「原因不明の腰痛」「病気に伴う腰痛」などに分類されます。

    腰痛の原因を分類すると概ね次のようになります。


    1、変形性脊椎症
    腰痛で整形外科を受診し、レントゲンで関節の隙間が狭くなっていることが確認されたときに医師から告げられることになる腰痛疾患です。いわゆる老化現象で、起床時の痛みが強く、動いているうちに腰痛が軽くなります。特徴は、急に動いたり、後ろに反らす時の痛みです。
    腰部に掛かる負担を軽減させることで、腰痛を感じなくさせることもできます。

    2、腰椎分離症
    腰椎が関節突起間部というところで分離する腰痛疾患です。子供の頃の過度なスポーツが原因とする説が有力です。男性に多く、10代の発症も多いです。
    治療で分離部が癒合すればほとんどがスポーツに復帰できます。分離部が癒合していなくても4人に3人がスポーツに復帰したという報告もあります。
    再発予防には、腰部筋群の強化が効果的です。

    3、腰椎椎間板ヘルニア
    加齢変化に伴い弱化した椎間板から内容物が脱出して(または椎間板自体が膨隆して)神経根を圧迫するために起こります。下肢の痛みや麻痺が生じます。
    高齢では、椎間板全体が繊維化(内容物を含めて全体が一つに繊維化されます)され、内容物の脱出がなくなりますので、年代別では、20~40代に多い疾患です。10代及び50代の発症は、ともに10%程度との報告があります。
    かなりの確立で自然縮小するといわれており、全体の50%程度は1ヶ月で腰痛を感じなくなるともいわれます。確定診断はMRI所見ですが、逆に、MRIで異常所見があっても腰痛を感じない人も多いです。

    4、腰椎すべり症
    腰椎分離症から進行したものを分離すべり症、分離が認められないものを無分離すべり症といいます。重症化したものが変性すべり症で、この変性すべり症により腰部脊柱間狭窄症が起こります。
    すべり症は、腰椎の土台である仙骨の前方傾斜によって起こります。肥満症では、腹部がせり出すために仙骨が前方に傾きます。

    5、腰部脊柱管狭窄症
    腰椎すべり症や脊柱手術後に生じた瘢痕組織の形成などが原因になります。脊柱管内が圧迫されるために症状が現れます。
    一定距離を歩くと痛みや痺れのために歩行不能になりますが、少し休むとまた歩けるという、間欠性の歩行障害が特徴です。50メートル以下の歩行、下肢の筋力低下、排尿排便障害で重篤です。

    6、内臓疾患由来の腰痛
    胃、膵臓、大腸などの消化器系、腎臓、尿管などの泌尿器系、月経周期、子宮筋腫などの婦人科系疾患が腰痛を伴う疾患として知られています。

    7、ガン転移による腰痛
    肺癌、乳癌、前立腺癌、子宮癌などが脊柱転移しやすいガンとして知られています。
    50歳以上で、ガンの治療歴があり、体重減少がみられる場合には検査をお勧めします。

    8、心因性腰痛

    9、炎症性疾患による腰痛
    強直性脊椎炎(10代後半~20代の男性に多い)、慢性関節リウマチ、ステロイド副作用による腰痛など。

    10、ぎっくり腰
    ぎっくり腰の多くは骨盤の歪みや腰椎の障害などによる関節障害です。関節障害が原因のぎっくり腰であれば容易に改善できます。
    一方、ぎっくり腰の原因がケガであれば、損傷した筋肉の回復を待たなければいけません。筋肉の損傷度により異なりますが、軽度から中等度の損傷で、改善までに2~5日間程度を要します。
    ケガが原因のぎっくり腰を、誤って動かしたり、また、電気治療、マッサージを行ったりすると、ケガが悪化し、2日で治るものが、一週間経っても治りませんので、注意が必要です。

    11、筋疲労性の腰痛(筋力の低下、姿勢性腰痛などを含む)
    長時間の労働、加齢に伴う筋力低下、また、猫背、悪姿勢(ハイヒールの着用時、長時間の座業時の不良姿勢などを含む)により、腰背部への負担が日常的に続くと筋疲労性の腰痛が頻発するようになります。
    腰痛のタイプにより対応が異なりますが、姿勢改善、血流改善、また、全身調整などで概ね容易に改善できます。

    12、その他、原因不明の腰痛
    例えば、体の歪み、また、膝痛、股関節痛、肩痛(四十肩、五十肩を含む)に伴う代償負荷などにより発生する腰痛は、腰部以外に原因があるために改善が進まず、10年、20年と、腰痛に苦しむ方が多くなります。
    こうした原因不明の腰痛では、施術担当者の知識、技術、経験値により改善状況が大きく異なります。
    当院では、経験20年以上のプロ技術者が担当します。原因不明の腰痛で苦しむ方は、ご紹介により、町田、相模原、八王子エリアに加え、県外からも多くの方にご利用いただいております。

  • アクセス

    整体・カイロ・マッサージ 相模原ファミリー整体院
    相模原駅前
    当ビル1階は「ハウスコム 相模原店」

    TEL 042-754-4852
    相模原市中央区相模原2丁目1-7
    桶口ビル4F
    AM9:00~PM9:30(火曜定休)