相模原 整体 カイロ マッサージ 相模原ファミリー整体院

相模原で整体をお探しの方に便利な相模原駅前の整体院です
土曜日、日曜日も夜9時30分まで

施術レポート

太字の見出しをクリックで詳細情報をご覧いただけます。

両手のしびれ。数件の病院、鍼灸、整体などで治療を受けるが治らず、看護師のお姉さんの勧めで当院へ。



両手のしびれが治らず、複数の整形外科を受診。整形外科では「胸郭出口症候群」と診断され、治療を受けるが、治療中にさらに悪化して仕事を辞めることに。その後、鍼灸、整体など、各地の治療院を転々と。

看護師のお姉さんの勧めで当院へ。絞厄性神経障害、循環障害が認められたので施術。徐々に好転して、しびれも軽快。4~5回の通院で改善し、元の仕事に復帰へ。



【胸郭出口症候群とは―】

「胸郭出口症候群」とは肩こりに似た症状が出る絞扼性障害の一つです。

「胸郭出口」とは胸元の部分で鎖骨と肋骨の間の隙間を指します。

このすき間が狭くなると神経や血管が圧迫されて首や肩、腕にかけて様々な障害が起こります。


【胸郭出口症候群は基本的に次の4つのタイプに分類されます】

①肋鎖症候群・・・胸郭出口症候群の中で最も多いタイプ。鎖骨下のすき間で神経や血管が圧迫されます。

②斜角筋症候群・・・鎖骨や上部の肋骨から首にかけて伸びる筋肉(斜角筋)の緊張で、この筋肉のすき間で神経や血管が圧迫されます。

③過外転症候群・・・胸の筋肉の下で神経や血管が圧迫されます。

④頚肋症候群・・・下部頚椎の異常な骨と肋骨のすき間で神経や血管が圧迫されます。

(神経と血管の圧迫にる症状ですので、痺れ、痛み、だるさのほかに肩こり、首の痛みなどが起こります)

(血管の圧迫で血流が低下していると、手が冷えるなどの症状も起こり、また、自律神経が影響を受けて頭痛やめまいなどを起こす場合もあります)


【施術のポイント】

病院で診断を受けた「胸郭出口症候群」については、斜角筋症候群、過外転症候群が認められます。

施術は3回に分けて原因を調整。整体、カイロプラクティック、オステオパシーを施す。

徐々に好転し、両手のしびれが大幅に緩和。

5回目以降はつらくなった時に来院する方向に。「仕事ができそうだから面接に行ってみる・・」と。

「胸郭出口症候群」と特定し治療を行えばよいというものではなく、「胸郭出口症候群」を起こした原因を改善する必要があろうかとも思います。

  • 掲載について

    お写真及び症状等への解説等は、全て患者様ご本人の許可を得て掲載させて頂いております。

  • お気軽にご相談下さい


    整体 カイロ マッサージ
    相模原ファミリー整体院
    相模原駅前、21:30まで

    TEL042-754-4852
    神奈川県相模原市中央区相模原2丁目1-7 樋口ビル4F
    AM9:00~PM9:30(火曜定休)

    土日、休日も、PM9:30まで
    当日予約も可能です