Menu

施術レポート <男性>

Home

施術レポート

太字の見出しをクリックで詳細情報をご覧いただけます。

ぎっくり腰が治らないと―。相模原市内の2件の整体院を受診後に当院へ。1件目の整体院では何の説明もなく指圧、マッサージされて腰痛が悪化。2件目の整体院では痛めた筋肉をさらに指圧、マッサージされてさらに悪化したと―。


ぎっくり腰は、関節障害、または、筋膜炎及び挫傷(筋肉のケガ)が原因です。

腰椎椎間板ヘルニアの場合もありますので鑑別が必要です。

筋膜炎及び挫傷(筋肉のケガ)が治っても、関節障害が残れば痛みが長引き、また、再発もします。

つまり、整形外科、自宅近くの整体院、接骨院、マッサージなどで改善できなかっ場合、残った関節障害を改善することで痛みを改善させることができます。

ぎっくり腰の原因の多くは筋肉の損傷(ケガ)ですので、炎症期に、指圧、マッサージ、または、電気治療などを行えば、逆効果となりかえって悪化てしまいます。

炎症期は安静が基本です。

この方の場合は、ぎっくり腰の原因がケガであるにもかかわらず、2件の整体院ともにケガを引き起こしやすい腰部の歪みを改善できず、腰部のマッサージを繰り返し受けたために腰痛が悪化したようです。

ぎっくり腰の原因となっている腰部及び骨盤部の歪みを治すと、動作時痛が少し残ったものの、ほぼ改善されました。



ぎっくり腰について

例年、秋、冬と気温が低下する季節はぎっくり腰が好発します。

冷えにより筋肉の運動機能が低下(体が硬くなる)することで、春、夏は何でもなかった動きで筋肉が損傷しやすくなります。

寒い季節は、普段から腰痛が気になる方は、疲れを残さず、朝晩のストレッチを欠かさず、また、就寝時にも体を冷やさないように心掛けてください。

ぎっくり腰は、わかりやすく云えば腰部の捻挫です。突然に重量物を持った場合に、その過剰な負荷で筋肉や靭帯が損傷します。

また、体に歪みや捻れがあり、普段から腰部に負担が掛かっている場合には、重量物を持ったりしなくても、例えば洗顔時の前屈み、急に椅子から立ち上がった際などのちょっとした動作(負荷)で筋肉や靭帯が損傷します。

足首の捻挫を経験された方は多いと思いますが、それが腰の深部で起こったとお考えください。

受傷直後の急性期(炎症期)は安静が基本です。

痛む側を上にして安静にしているのが回復期へ向けての最善策です。

緩和及び改善に要する日数は、軽度のぎっくり腰の場合で、若い方や体力がある方で2日(48時間)~3日(72時間)、20-30代の方で3日(72時間)~5日(120時間)、中高年の方では1週間程度が基準になります。

この基準日数は、基礎体力、過去の外傷程度、また、受傷後の安静程度により個人差が大きくなります。住環境(階段の有無、寝具の硬さなど)、肥満度なども大きく影響します。

多少の痛みが残っても動ける範囲内で日常生活を過ごすことが早期回復につながりますが、起床時の体が冷えている時の洗顔、また、椅子から立ち上がる際の急な動き、荷物を持ち上げるなどの腰への負担は避ける必要があります。

掲載について

お写真及び症状等への解説等は、全て患者様ご本人の許可を得て掲載させて頂いております。

お気軽にご相談下さい


相模原整体・カイロ・マッサージ
相模原ファミリー整体院
相模原駅南口すぐ


℡042-754-4852
相模原市中央区相模原2丁目1-7 樋口ビル4F
10:30~20:30/火曜定休

→コロナ禍で時短営業実施中<当面は朝10時30分から>


→当整体院への道順(地図)


→料金表

→施術の流れ

→院長からのご挨拶

→ご案内(地図)など


<土日も夜8:30まで>