Menu

施術レポート <男性>

Home

施術レポート

太字の見出しをクリックで詳細情報をご覧いただけます。

転倒して右肩を強打、その後に右肩に強い痛みが―。病院ではレントゲンで異常なしとの判断から四十肩との診断。痛み止めと湿布を処方されるが全く改善されず。次第に右肩が動かない状態に―。


レントゲンでは確認できない小さな関節障害が原因で上肢帯の可動域が減少。そのまま放置されたために日常生活の中で特定の筋肉への負担が増加して炎症を起こしたもよう。

関節障害を調整し、上肢帯の可動域を正常値まで引き上げるとすぐに痛みがひき、その後、2~3回の施術で改善へ。



レントゲンで確認できない小さな関節障害が原因

右肩を強打した際の肩関節の小さなズレが病院のレントゲン検査では確認できなかったもようで、放置されたまま、次第に悪化したようです。

この小さなズレを改善し、さらに肩関節の可動域を元に戻せば終了です。

こうした小さなズレは病院でも見逃されることが多く、中には、そのために選手生命を終えるスポーツ選手もいるほどです。

掲載について

お写真及び症状等への解説等は、全て患者様ご本人の許可を得て掲載させて頂いております。

お気軽にご相談下さい


相模原整体・カイロ・マッサージ
相模原ファミリー整体院
相模原駅南口すぐ


℡042-754-4852
相模原市中央区相模原2丁目1-7 樋口ビル4F
10:30~20:30/火曜定休

→コロナ禍で時短営業実施中<当面は朝10時30分から>


→当整体院への道順(地図)


→料金表

→施術の流れ

→院長からのご挨拶

→ご案内(地図)など


<土日も夜8:30まで>