相模原 整体 カイロ マッサージ 相模原ファミリー整体院

相模原市整体 相模原ファミリー整体院|相模原駅前 [相模原整体・カイロ・マッサージ]
腰痛、肩こり、頭痛、首痛、五十肩、坐骨神経痛、股関節痛、膝痛、猫背、骨盤矯正に

施術レポート

太字の見出しをクリックで詳細情報をご覧いただけます。

一覧

  • 中学2年。頭痛(片頭痛)があり学校を休みがちと。薬では治らないので一度診て欲しいとおいでに。



    【施術のポイント】

    頭痛、首痛、肩こりなどが続く場合は、体の歪みで重心バランスが崩れ、患部に関係する関節や筋肉などに過度の負担がかかっている場合が多いです。

    器質病変がなければ、重心バランスを整えるだけで、全身の筋肉の緊張度が緩和され、頭痛、首痛、肩こりなどの症状も同時に改善されます。

    体の歪みの改善後、頭痛の場合には痛み領域と支配神経のチェック、過緊張しているとの筋肉の関与、循環障害などを、首痛、肩こりも同様にチェックして問題箇所を改善していきます。 この方のように、痛み止めが効かないとご利用になられる方はとても多いです。


    【頭痛について】

    原因不明の頭痛に対する改善度の高さには定評があり、お子様からご高齢の方まで幅広い年代の方がご利用になられます。

    「頭痛薬を服用しても治らない」とご利用になる医師、看護師など医療従事者の方のご利用も多いです。

    慢性的な頭痛の多くは、病院で検査をしても異常が見つからないために、緊張型頭痛、片頭痛等として扱われ、消炎鎮痛剤を処方されますが、その薬のために、さらに頭痛が複雑化する方も多くなります。

    長期にわたる薬の連用は、痛みの調節器官が失調してコントロールがきかなくなるため、痛みを感じる閾値が低下して、かえって頭痛を誘発してします。

    薬の服用により、単純な緊張型頭痛がこじれて、頭痛の原因も複雑化してしまいます。

    一方で、食品添加物、アルコール、カフェインなど、直接血管に作用し頭痛を誘発する物質に過敏になるほか、ストレス、ホルモン、運動、気圧、気温、湿度といった環境因子にも反応し、頭痛が起こりやすくなります。

    当院では、こうした点も踏まえて頭痛の原因を探り改善を図ります。

  • 奥さんは疲労時の肩こり、腰痛で。ご主人は多忙で出張も多く坐骨神経痛、腰痛及び全身疲労などでご利用に。



    お二人ともに疲労時の全身症状でご利用になられます。

    奥さんは運動不足で筋力が低下して疲れやすく、肩こり、首痛が我慢できなくなるとおいでに。また、ご主人は仕事の無理が重なり全身がガチガチの状態でのご利用です。

    ご主人は出張が多く、移動の際に座位で過ごす時間が長いせいか、坐骨神経痛(臀部の筋肉による絞厄性の坐骨神経痛)が頻発するようです。

    お二人ともリラクゼーションがお好みなので、心地よい施術を主にして改善を進めます。

  • 坐骨神経痛、膝痛で。また、数年前から左半身にしびれがあり、手に力が入らず、本も持てない状態のときがあると。


    数年前から徐々に諸症状がはじまり、整形外科をはじめとした各種病院に加え、町田、相模原の整体、鍼灸、マッサージなどを転々と…。

    病院では「骨には異常がない」との診断を受け、痛み止めの処方で結局は改善されず。

    整体、鍼灸、マッサージでは「体質、疲労が原因…」と言われて通院を指導されたが、どこに行っても口先ばかりで結局は治らない。

    最近は、仕事(看護師)のせいか腰痛、膝痛がひどく、ホットペッパーでみた淵野辺のマッサージのような整体院で、週2回で2ヶ月(8回)通院すると治るといわれて通院したが、結局は3ヶ月間通院しても改善されず…。

    もう少し通院するようにと勧められたが、根拠のない勧誘でもあり、何よりも治らないので不審に思い通院を止めたと。

    以前からのしびれを含めて全身を診てほしいとおいでに。

  • 大学病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、数件の病院(整形外科)、整体院、接骨院、鍼灸院などに通院したが改善されないとおいでに。



    大学病院で腰椎椎間板ヘルニアとの診断を受けるが、手術を行うほどではないとの判断で、リハビリに加え、消炎鎮痛剤、ビタミン剤などの処方を受け服用を続けるが一向に改善されず―。

    病院のリハビリでは効果がなく、仕方なく、町田、八王子、相模原の整体院、カイロ、鍼灸院、接骨院、マッサージなどを転々とする。

    どこに行っても「ヘルニアなら通院してください」と言われ、しがらく通院したが改善されず―。

    「いい加減な対応ばかりで…」と、各地の治療院の対応に憤慨しながらも、「何とかしてください」とおいでに。

  • 股関節痛が悪化し、腰痛、膝痛も続き最近は生活にも支障があると―。これまでプロのスポーツ選手も通うスポーツ医科学センターで2年間治療を行うが改善されずに、お母さんの勧めでと、なかば諦めながらもおいでに。



    病院などの医療スタッフの方々は、痛みのある部位を検査・診断し、投薬及び治療を重ねます。

    当院では、例えば股関節痛では、全身の一部として股関節の状態及び股関節痛を捉えます。

    そうした観点の違いからでしょうか、状態によりますが、整体、カイロプラクティックによる全身調整を施すと、予想外に痛みが改善されていると驚かれます。

    4~5回の施術は要しましたが、しばらくしてすっかり改善されたと。

    近郊の整形外科に加え、整体や接骨院も複数通院されたものの役に立たなかったようで、お母さんのご紹介で、いやいやながらも、仕方なくとおいでになられた方ですが、現在は、ミニサッカーをされているようで、時々、膝痛で来院されます。

    さて、股関節痛は、急性の場合はケガ、長期に及ぶ場合は関節等の変形をともないます。

    この方の場合は、医療センターでの保存療法が奏功し、関節等の変形を最低限に抑えられたためにうまく改善できたものと思われます。

  • 両手のしびれ。首都圏の数件の整形外科、また、鍼灸、整体、マッサージなどで治療を受けるが治らず、お姉さん(看護師)の勧めでおいでに。



    両手のしびれが、近所の整形外科では治らず、ウェブ検索で首都圏の整形外科も受診する。

    数件の整形外科では「胸郭出口症候群」と診断され、治療を重ねるが治らなかったと―。

    そうした治療中に、両手のしびれがさらに悪化し、大好きな仕事を辞めることになり、病院への不信感が強くなっていったという。

    病院での治療をあきらめ、その後は、鍼灸、整体、マッサージなど、各地の治療院を転々と―。

    看護師のお姉さんの勧めで、いやいやながらも当院へ。

    はじめは先に通院した整体院への不審からか、何やら反抗的な態度でしたが、絞厄性神経障害、循環障害がみられたので施術に入ると、施術中にしびれが緩和したようで驚かれる。

    4~5回の通院で改善し、元の仕事に復帰することになったいう。

    現在は「腰、膝が痛くて近くの接骨院に行ったけど治らないんだよね」などと、困った時にご利用になられます。

  • 肩こり、頭痛がひどく、近郊の整体、カイロ、マッサージでは治らないと。友人の紹介でと、仕事帰りにおいでに。



    肩こり、首痛、頭痛、また、腰痛、神経痛など、それぞれに痛みやこりを誘発する原因があります。

    通院した整体、カイロ、マッサージ院では、症状の誘発原因の説明もなく、通院の度に全身ほぐし(マッサージ)を繰り返されたそうです。

    その場では少しは楽になるものの、その夜には元に戻るという施術に不信感を覚えても、ま、こんなものだろうと思っていたそうですが、担当者によってはもみ返しで痛みが増すことも多く、いい加減に嫌になり、友人の紹介でと来院されました。

    この方は、猫背に伴うバランス偏重による部分的な筋肉の過緊張が肩こり、首痛の原因で、また、頭痛は、関節障害に伴う神経障害が原因でした。

    痛みのない施術で、もみ返しもなく、諸症状を容易に改善できました。


  • 産後の骨盤矯正に加え、先日からの首痛(寝違え)が治らないとおいでに。



    半年前に出産し、産後の骨盤矯正をお願いしたいとおいでに。

    普段は、長時間のデスクワーク、また、家事、育児に伴う肩こり、また、頭痛、首痛、腰痛、膝痛、顎関節痛などで年に数回程度ご利用になられます。

    この日は「一週間ほど前から首が痛くて動かない・・・」と、また、便秘が続いてつらいとおっしゃる…。

    産後の骨盤矯正は初回で終了、ついでに、首痛、便秘などを改善へ。

    首痛は寝違いで、炎症部位を避け、無理のない施術で連動する関節や筋肉を緩和させて改善させました。

  • 洗顔時にぎっくり腰(3日前)に。「歩くのもつらい」と、妹さんの付き添いで来院。妹さんは疲労時の腰痛などで時々ご利用に。



    当日は、お姉さんがぎっくり腰でおいでに。

    「起床時(洗顔時)のぎっくり腰から3日目だけど、腰が痛くて歩けない…」という。

    歩行も困難なぎっくり腰のため、妹さんが付き添って来院されました。

    付き添いの妹さんは、疲労時の腰痛、肩こり、頭痛などで1年に2~3回程の頻度でご利用に。

    お姉さんのぎっくり腰は、腰部の関節のズレが原因でしたので、調整後はすぐに改善し、二人で笑顔に…。

  • 掲載について

    お写真及び症状等への解説等は、全て患者様ご本人の許可を得て掲載させて頂いております。