相模原 整体 カイロ マッサージ 相模原ファミリー整体院

相模原市整体 相模原ファミリー整体院|相模原駅前 [相模原整体・カイロ・マッサージ]
腰痛、肩こり、頭痛、首痛、五十肩、坐骨神経痛、股関節痛、膝痛、猫背、骨盤矯正に

施術レポート

太字の見出しをクリックで詳細情報をご覧いただけます。

一覧

  • 原因不明のつらい腰痛、五十肩などの複合症状で。病院に加え、八王子、町田、相模原の整体、鍼灸、接骨、マッサージなどに通院するが改善されないと―。


    つらい腰痛で、病院(整形外科)をはじめ、八王子、町田、相模原の整体、鍼灸、接骨、マッサージなどに通院を重ねたが、どこに行っても原因不明の腰痛と改善されず―。

    治療は重ねているが、最近になり膝痛、坐骨神経痛も併発してと、困惑気味でおいでに。

    当院では初発症状の五十肩から改善へ。

    これで全身の運動軸が整い、各所で原因不明といわれたつらい腰痛も容易に改善へ。

    併発の膝痛、坐骨神経痛は、カイロプラクティックによる重心及びバランス調整により、重心の偏重改善ですでに初回時に改善しています。

    現在は1年に1~2回の頻度で全身疲労時にご利用に。

  • 高校2年生・野球部。腰痛がひどく、近郊の整形外科、接骨院、整体院などに通院したが治らないと―。


    整形外科ではレントゲン検査で骨に異常がないからと、シップと痛み止めを処方され、しばらくは運動を止めて様子をみてと言われたと。

    接骨院では腰痛の原因はハムストリング(太もも裏の筋肉群)が硬いからだろうと、ハムストリングを中心に電気治療、マッサージを続けられたが、数ヶ月間通っても治らないと。

    鍼灸院では腰痛だからと腰部に鍼治療を、また、整体院では腰が疲れていると指圧やマッサージを繰り返すばかりで、お金と時間の無駄でした―と、おいでに。

    腰痛の原因は、腰部の筋群でもハムストリングスでもなく、頭蓋骨、頚椎が関与した反射障害及び下肢帯のアライメント不正による腰部の運動障害でした。

    ただし、鍼灸院、接骨院、整体院の誤った施術で腰部の筋肉、また、膝関節に異常が発生しており、これらを改善するためのリハビリ方法をアドバイスして改善へ。

  • 転倒して右肩を強打、その後に右肩に強い痛みが―。病院ではレントゲンで異常なしとの判断から四十肩との診断。痛み止めと湿布を処方されるが全く改善されず。次第に右肩が動かない状態に―。


    レントゲンでは確認できない小さな関節障害が原因で上肢帯の可動域が減少。そのまま放置されたために日常生活の中で特定の筋肉への負担が増加して炎症を起こしたもよう。

    関節障害を調整し、上肢帯の可動域を正常値まで引き上げるとすぐに痛みがひき、その後、2~3回の施術で改善へ。

  • ジョギング時に、股関節、膝、足首に違和感が―。次第に痛みに変わり歩くのもつらい状態に。


    近所の整形外科ではレントゲンで骨には異常なしとの診断。鎮痛剤と湿布薬の処方。鎮痛剤を飲んでも痛みは変わらず。

    スポーツ専門の整形外科でも「骨に異常はない」との説明で、リハビリに通うように指示されたという。

    その後、接骨院、鍼灸院、整体院、マッサージにも行くが、どこへ行っても原因すら分からず「2~3日後にまた来てください」と通院を指導されるだけだったという。

  • 強度の首痛、肩こり、背中の痛み、また、四十肩などが続く。整形外科に加え、座間、町田、相模原の整体院、接骨院、マッサージなど転々と。


    2年程前から首痛、肩こり、背中の痛みが強くなり、一方で四十肩を発症する。

    町田、相模原の整体院、接骨院、マッサージ、また、整形外科への通院を繰り返すが、どこに行っても「仕事が原因…」「体質が原因…」などと繰り返されるばかりで改善されず。

    整体やマッサージでは、「治らないが…」と訴えると、嫌がらせからか、強く指圧、マッサージされたりして、揉み返しで苦しむことも多かったという。

  • 連日の重労働(工場作業)に伴う腰背部痛、首肩痛、また、坐骨神経痛など改善へ。



    重労働(工場作業)に伴う全身疲労、また、各部の痛みやこり、また、坐骨神経痛も重なり、強度の全身障害といった状態でおいでに。

    これまで、数件の整形外科に加え、整体院、接骨院、鍼灸院、カイロプラクティック、マッサージなどを転々としてきた。

    どこで施術を受けても治る気がしないのに、通院勧誘ばかりされてでうんざり気味だと―。

    整体院など信用してはいないが、あまりにも体がつらいので、通りすがりに寄ってみたという。

    「そうした方も多いですよ…」と、施術を開始。

    施術後、予想外に楽になったのか「治らないとは思うのだが、バネ指もみて欲しい」とおっしゃる。

    バネ指は1年ほど前からで、病院では手術で治るといわれたが、手術などしていられないので、たまにリハビリに通っていると。大学病院の理学療法士には「指を万力ではさんであげようか…」などとからかわれているという。

    その後、なぜか定期的においでになり、このごろは、どうしても我慢できないという頃合(2ヶ月に1回程度)にご利用いただいております。

  • 東京マラソン出場3日前に、膝痛で足をひきずりながらおいでに。東京マラソンには絶対に出場したいとおっしゃるので施術を…


    以前から右膝に痛みがあり、整形外科、接骨院に行っても治らないので、スポーツ用インソール専門店でインソールを製作してもらい、装着したら今度は左膝にも痛みが…。

    どうしても東京マラソンには出場したいとおっしゃるので施術に入りました。

    重心を変えつつO脚を矯正、外旋位で引っ掛かっていた膝周りの関節を戻し、さらに下肢帯の可動域を膝に合わせて微調整する。

    膝に負担が掛からないように、スポーツ整体で全身調整を施す。

    特に上肢帯を肋骨からリリースするなどのスポーツ選手専門の施術を数ヶ所施し、膝への負担を可能な限り軽減させてみる。

    後日来院され、東京マラソンは完走したと…。

  • ぎっくり腰が治らないと―。相模原市内の2件の整体院を受診後に当院へ。1件目の整体院では何の説明もなく指圧、マッサージされて腰痛が悪化。2件目の整体院では痛めた筋肉をさらに指圧、マッサージされてさらに悪化したと―。


    ぎっくり腰は、関節障害、または、筋膜炎及び挫傷(筋肉のケガ)が原因です。

    腰椎椎間板ヘルニアの場合もありますので鑑別が必要です。

    筋膜炎及び挫傷(筋肉のケガ)が治っても、関節障害が残れば痛みが長引き、また、再発もします。

    つまり、整形外科、自宅近くの整体院、接骨院、マッサージなどで改善できなかっ場合、残った関節障害を改善することで痛みを改善させることができます。

    ぎっくり腰の原因の多くは筋肉の損傷(ケガ)ですので、炎症期に、指圧、マッサージ、または、電気治療などを行えば、逆効果となりかえって悪化てしまいます。

    炎症期は安静が基本です。

    この方の場合は、ぎっくり腰の原因がケガであるにもかかわらず、2件の整体院ともにケガを引き起こしやすい腰部の歪みを改善できず、腰部のマッサージを繰り返し受けたために腰痛が悪化したようです。

    ぎっくり腰の原因となっている腰部及び骨盤部の歪みを治すと、動作時痛が少し残ったものの、ほぼ改善されました。

  • 小学3年生。学校検診で脊柱側湾との診断を受け、整形外科に通院しているが改善されないと―。また、ゲームのやり過ぎで猫背気味。身長が低いのも気になると―。



    小学生の猫背、また、脊柱側湾でのご利用は多いです。

    原因によりますが、お子様の場合は、構造的な奇形、変形等がなければ概ね容易に改善できます。施術に痛みはありません。

    猫背は、頭痛、肩こり、腰痛などの原因にもなります。また、猫背を改善すると内臓の神経系も活発化し、呼吸も深くなるせいか精神的に安定するお子様も多いです。

    身長の伸び悩みの原因は、総じて睡眠不足が多いように見受けられますが、体の歪みが原因になっているお子様も多いです。

  • 掲載について

    お写真及び症状等への解説等は、全て患者様ご本人の許可を得て掲載させて頂いております。